2007年10月27日

サッカーで一番大事なのは、ハート。 ラモス瑠偉

サッカーで一番大事なのは、ハート。いつだってそう思ってやってきた。 スピード、テクニック、戦術眼・・・・・。そりゃね、必要だよ。でも、ハートがなかったら、そんなもの役に立ちゃしない。 Jリーグなら技術だけで通用するかも知れないよ。でも、世界では無理。世界に出たら、ハートのあるやつじゃなきゃ生き残れない。 ゴンちゃん見てたら、分かるじゃない。悪いけど、そんなに技術はないよ。でもハートは超一流。だから、いつも大事なところでゴールを取ってくるの、彼でしょ。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録









posted by 浅草太郎 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

命懸けられるか、懸けられないかだよ。 ラモス瑠偉

「体を張る」って簡単に言うけど、簡単じゃない。競り合いながら人より足や顔を前に出す。数センチでいいの。できるかできないか。それがハートの差ってこと。命懸けられるか、懸けられないかだよ。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録









posted by 浅草太郎 at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テクニックは人から教わることもできる。でも、ハートは自分で鍛えるしかない。 ラモス瑠偉

テクニックは人から教わることもできる。でも、ハートは自分で鍛えるしかない。(略) チクショーって気持ちで練習しなきゃ、うまくならないよ。それに普段から気持ちを入れて練習してれば、試合になって、ギリギリのところで何か力が湧いてくる。それが本当の強さ。そういう強さ、みんながもって欲しいよ。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録









posted by 浅草太郎 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本を、日本サッカーをナメられることは、オレ自身がナメられることと同じなんだ。 ラモス瑠偉

日本を、日本サッカーをナメられることは、オレ自身がナメられることと同じなんだ。そんなの許せないよ。

ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録









posted by 浅草太郎 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日の丸-。最高だ。 ラモス瑠偉

日の丸-。最高だ。こんなに美しい国旗、他にないよ。どんなに苦しくても、膝が痛くても、日の丸をつけていると思うと頑張れる。ほんと不思議。これまで何度もそんなことがあったね。

ユニフォームの日の丸。スタンドで揺れる日の丸。日の丸が目に入ると、こんなところで諦めていいのかって、また闘志が湧いてくるんだ。

日の丸つけて、君が代を聞く。最高だ。武者震いするもの。体中にパワーがみなぎってくる。でも、日本の選手の中にはそうじゃないヤツもいる。不思議でしょうがないよ。日の丸をつけるって、国を代表するってことだよ。選ばれた選手にしか与えられないものじゃない。国を代表して戦うって、スゴイことなんだよ。それを忘れているんじゃないかって思う。

ワールドカップを見てみろよ。みんなあんなに必死になって戦うのは、国の代表だからだろ。国を愛し、家族を愛し、仲間を愛してるいるからだろ。日本はそんなとこから外国に負けてる。自分のためだって?そんなの当たり前じゃない。じゃあなぜ、もっと大きいものを背負わないの?

オレ、日の丸背負ってなかったら、あんなに頑張れなかったよ。ドーハの時、オレは36歳。あのクソ暑い中で、そんなオジサンが全試合、それもほとんどフル出場。練習だって若いヤツらと同じメニューをこなしてたんだ。自分のためだけだったら、とっくに辞めてたよ。

だいたい、最近の若いヤツは親孝行しないでしょ。おじいちゃんやおばあちゃん、お父さん、お母さん、なんで大切にしないの?そういうところ、今の若いヤツら、全然ダメだね。自分より重いものを背負おうとしないんだ。

サッカーでもそう。仲間を大切にしない。相手を思いやる気持ちがないから、自分の力以上のものが出ない。

サッカーで世界を目指す気持ち、家族や仲間を大切にする気持ち、どこかで通じ合っていると思う。膝が爆発しそうでも、いざという時には思いっきり走れた。そういうパワーや運を、誰がくれたの?自分の力だけじゃない。おじいちゃんやおばあちゃん、ママや死んだオヤジ、奥さんや子供たち、サポーターも、みんながオレを守ってくれていたからだよ。

ケガしたりいろいろ大変だったときオレ、考えた。家族のこと、ファン、仲間、そして日の丸のことも。やらなきゃ-。自然にそう思えてきたよ


ラモス瑠偉・1957年2月9日生まれ、元プロサッカー選手、サッカー監督



ラモスの黙示録









posted by 浅草太郎 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ラモス瑠偉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。