2014年06月05日

プロフェッショナルであれば自分の仕事に悔いを残してはいけない。 ドゥンガ

自分自身に誠実であることだ。自分に何ができて、何が足りないかを厳しく見つめれば、自ずと取り組むべき課題も見えてくる。やるべきことが分かったなら、後は全力で取り組むだけだ。ここで自分を欺いては悔いが残るだけである。プロフェッショナルであれば自分の仕事に悔いを残してはいけない。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。