2008年10月11日

強いグループを作るためには、カリスマ性を持ったリーダーが必要だ。 ドゥンガ

強いグループを作るためには、カリスマ性を持ったリーダーが必要だ。強い個性を持っていて、確固たる方針のもとにチームを1つにまとめられるリーダーがいるグループは、多少の時間差はあったとしても、必ず成果を挙げられるものだと私は考えている。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グループで成果を残すには、個人個人が果たすべき義務を守らなければならない。 ドゥンガ

グループで成果を残すには、個人個人が果たすべき義務を守らなければならない。そして、義務に基づく権限を尊重していかなければならない。しかし、それらがどこかでオーバーラップしている必要もあるのだ。つまり、お前は俺に干渉するな、俺もお前には干渉しないという姿勢では、お互いに隙間ができてしまう。だから、そこには絶対にオーバーラップしている部分がなければならないのだ。そのオーバーラップする部分というのが、お互いに助け合う部分なのだ。チームとして成果を残すには、そうした要素が必要だ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 12:23| ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

勝つことと勝ち続けることは違う。 ドゥンガ

何度も言うが、勝つことと勝ち続けることは違う。一度、大きな成果を挙げたなら、それに満足することなく、むしろ原動力にして絶えず勝ち続けられるレベルに自分を保たなくてはいけない。これこそが勝者のメンタリティである。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 20:50| ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。