2008年09月17日

人間は誰でもミスをする。 ドゥンガ

人間は誰でもミスをする。ミスすること自体は馬鹿げたことではない。何よりも馬鹿げているのは同じミスを繰り返すことである。個人に限ってのみ言えることではなく、組織というものにも同じミスを繰り返す萌芽はあるのだ。こういう悪い点は一刻も早く組織として解決しなければならない。一人の人間の一人の視点によって解決していくよりも、それぞれのパートで各自の問題意識から意見を出し合って解決していくことが望ましい。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分のチームのなかで起こった問題は、自分たちで解決しなければならない ドゥンガ

みんなが違った考え方、違った見方を持っている。だから、一つの過ち、一つのミスに対して、個人個人が「自分はこういうふうに解決するべきじゃないか」という考えを出すべきだろう。それがチームの最終的な意見となり、解決策になる。黙っていたら何も解決できない。チーム内で起きた問題を部外者が解決してくれることはない。自分のチームのなかで起こった問題は、自分たちで解決しなければならないのだ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

成功体験は勝者としてのメンタリティをもたらす。 ドゥンガ

成功体験は勝者としてのメンタリティをもたらす。勝利の味を覚えた者は、勝つことの喜びを覚え、勝つために努力するようになるのだ。勝つことへの執念も強くなる。それがチーム全体に良い刺激を与え、チーム内の競争も激しくなる。結果的に全体のレベルアップにつながる。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。