2008年03月01日

真の勝者とは、たった一回の勝利に満足することはない。 ドゥンガ

真の勝者とは、たった一回の勝利に満足することはない。自分を謙虚に見つめ直し、勝ち続けるために努力するものなのだ。だからこそ、勝者であることを許されるのだ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

自分の職業が好きでなければ、プロフェッショナルとしてはやっていけないだろう。 ドゥンガ

プロフェッショナルであるからには、自分の仕事で良い成果を残すために多くの犠牲を払うこともあれば、苦しむことも多々ある。仕事で成果を残すために、かなりの時間を割く必要もある。だから、まずは自分の職業が好きでなければ、プロフェッショナルとしてはやっていけないだろう。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

辛いことや苦しいことはあるだろう。けれども、それを辛いことだと考えてはいけない。 ドゥンガ

プロフェッショナルとして振る舞う上では、当然辛いことや苦しいことはあるだろう。けれども、それを辛いことだと考えてはいけない。あくまでも楽しいこと、自分の喜びなのだと考えるべきである。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

自分のストロングポイントが何なのか見極めなければならない。 ドゥンガ

勝利を収めるためには、自分ならではの絶対的なストロングポイントが必要になってくる。そのためには、自分のストロングポイントが何なのか見極めなければならない。それと同時に、相手のウィークポイントを知る必要もあるだろう。サッカーにおいては、相手のウィークポイントを突き、自分のストロングポイントを生かすことが、勝敗を決めた上で重要になってくるからだ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

プロフェッショナルとして生きていくためには、当然やるべきことはたくさん出てくる。 ドゥンガ

プロフェッショナルとして生きていくためには、当然やるべきことはたくさん出てくる。時には目を背けたくなるだろうし、手を抜きたくなることもあるだろう。人間とは、基本的には楽をしたがる生き物なのだ。しかし、プロフェッショナルの仕事とは、勝つことなのだ。勝てる人間だから、お金ももらえる。やはり何ごとにも全力を尽くさないといけない。中途半端な姿勢で取り組めば、同じようなミスや負け方を繰り返すだけである。やるべきことの一つ一つに対して自分の持っているものをすべて出し切り、それを乗り越えて向かっていく姿勢がなければ、プロフェッショナルではあり得ない。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。