2008年02月09日

どういう選択をするかは本人の問題だ。 ドゥンガ

(サッカーも)人生も同じであろう。自分の情熱のありかはなんなのか、どうなれば幸福で、目的を達成するためにどうすればいいのか。ただ、これだけだろう。人によって人生の目的は異なるものだが、人生がシンプルであることは誰にとっても同じなのだ。 目的を達成するためには努力が必要かもしれないし、苦しまなくてはいけないかもしれない。また、すべての努力が報われるというわけでもない。しかし、だからといって泣き言を言っても仕方がないのだ。何も複雑に考える必要はない。人生は死ぬまで続く。どういう選択をするかは本人の問題だ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

「勝つんだ」という姿勢を常に自分の内面に持っていなければ、勝者ではあり得ないのだ。 ドゥンガ

サッカーに限らず、どんなことでも、戦うためには自分の内面に「勝つ」という意図を明確に持たなければならない。(略)当然、勝つためには苦しんだり、様々な犠牲が伴うこともある。今まで以上にトレーニングに打ち込む必要があるだろうし、友人と会う時間や遊ぶ時間も当然減ってくる。しかし、それでも「勝つんだ」という姿勢を常に自分の内面に持っていなければ、勝者ではあり得ないのだ。なぜなら勝つことと勝ち続けることは違うものだからだ。勝つということは、あくまでも一つの結果でしかない。それに対して勝ち続けることというのは、勝つ喜びを覚え、再び勝つために努力し続けるからこそ可能なことである。この二つには大きな違いがある。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

日本の選手には勝利への執念が足りない。 ドゥンガ

日本の選手には勝利への執念が足りない。勝利に対して貪欲でなければ、勝ち続けるために努力することは難しい。勝利の味は勝利から知るものなのだ。勝利の喜びを知っているからこそ努力できるのであり、だからこそ貪欲にもなれる。日本とブラジルのサッカーの大きく違うところだ。

ドゥンガ・1963年10月31日生まれ、元プロサッカー選手



PROFESSIONAL勝者の条件―勝ち残る者と敗れ去る者の違いとは









posted by 浅草太郎 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ドゥンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。